医師紹介

  1. ホーム
  2. 医師紹介

医師紹介

新院長 三浦正博

新たに、みうらクリニック院長になった三浦正博です。
豊田厚生病院、八千代病院で消化器内科として経験を積んでまいりました。父が開院したみうらクリニックが10年になるのを機に、医師2人体制での診療を行うため、院長に就任いたしました。

豊田厚生病院では、専門とする胃・大腸内視鏡検査や消化器内科の病気以外にも、心不全・不整脈・心筋梗塞のカテーテル治療や糖尿病教育入院、気管支内視鏡、人工透析シャント造設術など様々な治療を経験してまいりました。多くの内科系疾患の診療も可能ですので、お気軽にご相談ください。

そして、地域の皆様がより健康に過ごせるよう、お手伝いさせていただきます。

略歴

2009年
愛知医科大学卒業
2009年
豊田厚生病院 初期研修
2011年
豊田厚生病院 内科・消化器内科
2015年
八千代病院 内科・消化器内科
2019年
みうらクリニック院長
八千代病院 非常勤

資格

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本肝臓学会 会員
  • 緩和ケア講習会 修了

理事長 三浦由雄

豊田市の家田病院(肛門科・胃腸科)にて副院長&大腸検査センター長を務め、23年間治療に従事してきました。家田病院で積み重ねてきた経験と技術を通して、少しでも地域社会に貢献できればと思い、2009年に開院いたしました。

おかげさまで多くの患者様に、全く苦しまずにに胃・大腸内視鏡検査ができたとお褒めの言葉をいただいております。また、肛門の病気でお悩みの方にもっと早く来ればよかった…と診察後に笑顔をみせていただくと、しみじみと嬉しく思います。

また、患者さんだけでなく、みうらクリニックで働くスタッフにも笑顔でいてほしい。いつもそう思っています。
当たり前ですが、私一人だけで診療をすることはできません。
一緒に働き、支えてくれるスタッフがいるからこそ、診療だけでなく、高度な技術が必要な内視鏡検査、手術を行うことができるのです。

これからもチーム医療を大切に、自分の持つ知識と技術で、地域貢献していきたいと思います。

院長経歴

1981年
名古屋大学医学部 卒業
1981年
八千代病院研修
(昭和57年から外科を担当)
1984年
癌研究会付属病院
1985年
豊田市 家田病院
1989年
豊田市 家田病院 副院長
1994年
豊田市 家田病院
大腸検査センター長
(兼任)
2009年
みうらクリニック 開業

資格

  • 日本大腸肛門病学会 専門医、指導医
  • 日本外科学会 専門医

初診の方へ

  • 当院の胃カメラの特徴
  • 当院の大腸カメラの特徴
  • 肛門日帰り手術(ジオン注射)
  • 腹部超音波検査・その他の検査
  • 生活習慣病の予防・治療
  • おしりで困っている人へ
  • 胃・大腸カメラを含む健康診断
  • にんにく注射・プラセンタ注射・点滴
  • ワクチン
  • ED剤・AGA治療薬