ジオン(ALTA)注(内痔核硬化療法)医院の特色胃腸科・肛門科・内科::愛知県安城市::みうらクリニック

ジオン(ALTA)注(内痔核硬化療法)

ジオン®(ALTA)注(内痔核硬化療法)とは?

ジオン(ALTA)注(内痔核硬化療法)

ジオン®(ALTA)注は、痔の部分に硫酸アルミニウムカリウム、タンニン酸といった特殊な注射液を4回に分けて注射することで、これまで手術しか治療方法がなかった脱出する内痔核でも治療することができる、新しく、強力な効果を発揮する治療方法です。

ジオン®(ALTA)注が効くのは、「いぼ痔(内痔核)」!

簡単に、苦痛なく、治療効果がすぐに現れる痔の注射療法ですが、残念ながら全ての痔に対して有効…という訳ではありません。ジオン(ALTA)注が効くのは、いぼ痔、特に肛門の内側にできる内痔核の治療に使用することができます。

いぼ痔(痔核)
肛門の血管が腫れてイボ状になったもの。場所によって、内痔核・外痔核があります。
切れ痔(裂肛)
肛門が硬い便で裂けたもの。症状は出血と痛み。慢性化すると手術が必要なことも。
あな痔(痔ろう)
肛門周辺に膿がたまった後に、膿の出口と肛門をつなぐ道ができたもの。手術が必要です。

ジオン(ALTA)注は、今までは手術でしか治療ができなかった進行度合いの高い内痔核を小さくさせ、脱出や出血を改善します。手術なしで内痔核のいぼ痔を治療することができるのです。

ただ、内痔核だけの場合は優れた効果を発揮しますが、外痔核を伴う場合はあまり有効ではありません。また根治手術に比べると再発率も高いという報告があります。

ジオン®(ALTA)注(内痔核硬化療法)の治療方法は?

ひとつの内痔核に対して4段階に分けて注射を打ちます(ジオン4段階注射法)。ジオンを内痔核の定められた部位に適切な量を打たなければなりません。内痔核がいくつもある場合には、それぞれに行います。注射後に注射液をしみ込ませるために注射部位をよくマッサージすることも重要です。

適切な部位に適切な量を打たないと効果が出にくいだけでなく、注射部位や注射の量を誤ると副作用も起きてしまいます。

ジオン4段階注射療法の治療時間は10分〜15分程度です。

この注射療法は、きちんとした知識と熟練した技術が必要なため、
治療できるのは、内痔核治療法研究会が主催する講習に参加し、知識と技術を認められた医師のみです。

内痔核治療法研究会

内痔核治療法研究会
URL: http://www.zinjection.net/

内痔核硬化療法剤ジオン(ALTA)注は、投与手技である「四段階注射法」の難易度と合併症回避の観点から、使用に際しまして、「肛門領域に精通した医師」で、なおかつ注射手技講習会の受講が義務づけられております。

みうらクリニックは実施施設に認定されています。

↑ ジオン(ALTA)注(内痔核硬化療法)のページの一番上へ

ご案内

今月の診療日

Calendar Loading

病診連携

  • 八千代病院
  • 安城更生病院
  • 家田病院

診療時間

胃カメラ検査は、8:30〜9:00、
大腸カメラ検査・日帰り手術は、14:00〜18:30

診察受付時間

  • 【午前】8:30〜
  • 【午後】14:00〜

休診日

  • 木曜日・日曜日・祝日
    ※月曜午後、土曜午後は予約制の検査・手術のみです。

お問合わせ

電話番号
0566-96-6900
郵便番号
446-0001
住所
安城市里町畑下76
アクセス
名鉄 新安城駅 北西1.5km
地図を見る

モバイルサイト